手漉き紙通販HOME  >  手漉き紙  >  手漉き紙原料
手漉き紙原料
日本での一般的な原料は、三大原料と呼ばれる「楮」「三椏」「雁皮」が有名
楮(こうぞ)

楮は、クワ科の落葉低木で、毎年株から生える枝を切り取 り、皮を剥いで原料とします。栽培しやすく、繊維も太く て強く、麻についで長く、約10mm、幅0.27mmあります。強 度を要求する和紙の中心的な原料で、栃木(那須楮)、高 知(土佐楮)が主な産地ですが、最近各地でも栽培が増 えています。

楮(こうぞ)
三椏(みつまた)

三椏はジンチョウゲ科の落葉低木で、繊維の長さは約4mm 〜5mmで、幅は0.02mmです。光沢があり、できた紙は、緻 密で平滑、印刷適性に富んでいます。枝が3つに分岐する のが特徴で、三段、三又と書いてあるものもあります。紙 の原料として使われたのは、雁皮、楮より新しく、江戸時 代からといわれ、楮に混入して使われていました。主に紙 幣用紙、金糸銀糸用、版画、書道用に使われています。

三椏(みつまた)
雁皮(がんぴ)

雁皮はジンチョウゲ科の落葉低木で、成木は2メートル余 りにもなります。繊維は細く短くて、光沢がある優れた原 料ですが、成育が遅く栽培が難しいので、自生している雁 皮を生剥ぎにして捕獲します。生剥ぎにするため収穫時期 は、水揚げの良い春から夏にかけて収穫されます。徳島で 言う北地山(讃岐山脈)で多く収穫できます。雁皮は謄写 版原紙用紙の原料として大量に使用されていましたが、複 写機が普及して以来急激にその使用量が減少しました。現 在は金箔銀箔を打ちのばす箔打ち紙、襖の下貼り用の間似 合紙などに使用されています。

雁皮(がんぴ)
その他

ロクタ・パイナップル・バナナ・麦藁(むぎわら) 他