手漉き紙通販HOME  >  モータースポーツ  >  アスリート平衡神経評価機構
アスリート平衡神経評価機構
株式会社旭ブレイン社と業務提携により
AERA(アスリート平衡神経評価機構)の業務を開始しました。
1.AERAの目的
アスリートの平衡神経(小脳・脳幹・内耳)を検査し評価を行い、個々にアドバイスを行い更なるのスキルアップを目的とする。

2. 検査の対象
アスリート全般、モータースポーツ・ 競輪選手・ 競艇選手・ 競馬騎手・ フィギュアスケート選手・ スピードスケート選手 など

3.検査手法
目白大学クリニックにて、耳、鼻、のどの視診を行い小脳・脳幹・内耳の平衡機能検査を行いアスリートの為の平衡感覚を科学的に検査・評価し適切なアドバイスのもとスキルアップを図りドライブシュミレーターでドライバーのスキルを診断する。 .

1 ENG検査(電気眼振図検査)
眼の回りに電極(心電図の時に付ける電極の小さいもの)を貼って検査します。めまいのサインである眼振などを記録するめまいの精密検査です。
2 重心動揺計
平衡感覚をチェックします。
測定台に直立した被検者の重心の位置と移動を連動したコンピュータが感知し、カラダの前後左右のバランス具合を検査します。被験者(アスリート)のめまい障害の有無や程度を調べ、障害があれば指定の柔道整復師に治療を依頼します。また高齢者の転倒の危険性を測ることもできます。同様のシステムが健康管理ゲーム「バランスWiiボード」に使われています。
3 脈波検査
血圧脈波検査(ABI/PWV)と言い、動脈を客観的に評価する検査です。両上腕と両足首の血圧を測定し、アスリートとしての血管の硬さ・心臓や脳のリスクを調べ、障害があれば適切なアドバイスをして、一つ上のスキルアップのお手伝いをします。
4 聴力検査
どのくらい小さな音が聞こえるか(閾値)を、低音から高音まで周波数ごとに測定します。
障害の部位により伝音難聴、混合性難聴、感音難聴の判定ができるアスリートとして大切な検査です。
5 血液検査(ストレス検査)
FRAS4(採血より活性酸素や抗酸化力を測定)検査をし、アスリートとしての適切な数値になるようアドバイスをします。
6 Tokyo Virtual Circuitにてドライブシュミレーターによる検査
株式会社ユークスが開発したドライブシュミレーターにのり走行をチエックします。
インストラクター砂子智彦(砂子塾長)
個人差はありますが30分程度の走行になります。

4.オプション

注)個人選択肢のため別途費用がかかります。また、光トポグラフィー・心電図検査・頚椎X線検査は一緒です。個別には選べません。
7 光トポグラフィー
脳と感覚器官の関係を解き、脳機能の解明に活かすシステムです。
光トポグラフィーは、赤外線が出る電極の付いた装置をかぶった被検者に様々な刺激(音、絵など)を与え、刺激の種類と脳の活動部位・レベルとの関係を検査する機器。脳が情報をどう処理しているのかを検査できます。刺激への脳の反応レベルが高いとモニターに映し出された脳の対応部位が赤くなります。赤外線は日中の日射しの3分の1ほどの微弱なものなので、リスクはほとんどありません。被検者(アスリート)の得意分野を探るのに使います。

8

心電図検査
脳幹や小脳に血液を供給駆出するポンプとしての心臓に不整脈などないかを確認します。 またアスリートはスポーツ心臓といって日頃の訓練で脈が遅くなる徐脈傾向があります。これを平衡神経と併せチェックします。 頸椎X線
9 頚椎X線検査
人はどの臓器も血管、なわち動脈に支配されています。平衡神経は脳幹、小脳が重要ですが動脈は椎骨脳底動脈です。椎骨動脈は頸椎の左右にある椎間孔を通ります。X線にてその椎間孔をチェックします。

5.検査場所(2箇所で2日間の検査になります)
川越耳科化学研究所クリニック の検査です。
オプション選択の場合の検査で約2時間かかります。
〒350-1122 埼玉県川越市脇田町103
川越 マイン メディカル センター 2F
電話: 049-226-3387
交通案内・アクセスマップ

注)検査当日は保険証をご持参くたださい。

株式会社ユークス 事業推進室 ドライブシュミレータの検査で約30分ほどかります。
〒107-0052 東京都港区赤坂6-6-19

6.検査申込み・お問い合わせ 株式会社ティーケールーム
注)川越耳科化学研究所クリニックと株式会社ユークスに予約を入れる事はできません。

7.評価
各種検査結果をレポートし総合判定を一週間以内に 株式会社旭ブレイン より郵送。具体的なアドバイスを行い、希望の場合は別途相談にのり指導、経過観察を行う。
個人情報保護方針


8.検査料金 52,500円 オプション検査追加料金12,600円

9 .アスリート平衡神経評価機構
所在地

代表 福田邦宏 株式会社旭ブレイン代表取締役
顧問 坂田英治(埼玉医科大名誉教授・ドイツ・ローストック大学名誉医学博士)
評価委員 坂田英明(目白大学教授・東京大学医学部客員研究員)
評価委員  豊田一成(スポーツ心理学者・日本オリンピック選手強化委員・元滋賀大学大学院教授)
評価委員  伊藤 健(帝京大学耳鼻咽喉科教授)