Top  >  モータースポーツ  >  イベントレポート

イベントレポート

カートレースの結果と、臨場感あふれる当日の様子やドライバーのコメントなどをレポートします。

|2015年|2014年|2013年|2012年|2010年2009年2008年2007年
2011/10/8 (土) 新東京サーキット TKROOM STRONG ENERGY 2011

写真集をみる

2011/7/16 (土) 新東京サーキット week end race 第4戦 race report 決勝レース結果

SSクラス 渡邊 智裕 2位 /島崎 洋平 8位/松井 知彦 リタイヤ

<フリー走行>
連日の猛暑日が続く中、チームからは3人がエントリー。 渡邊が良いタイムをだしているが島崎があまり伸びない。そして松井はまた遅刻だった。

<TT>
渡邊のタイムはまずまずであったがポールタイムには少し届かず。
松井はここでもまだ姿が見えず。

TT
4 位 渡邊 智裕/ 14位 島崎 洋平

<予選第1ヒート>
ここから松井が参戦してきたが、エンジンのかかりが非常に悪い。まわりがすっ飛んでいる毎に順位を上げていった。

予選第1ヒート:3 位 渡邊 智裕/12位 松井 知彦 /14位 島崎 洋平 

<予選第2ヒート>
また、松井のエンジンが掛からない。レースは無視されてスタートしてしまった。渡邊は淡々と3位を確保。島崎は後ろから追突されてまたも順位を落とした。

予選第2ヒート:3 位 渡邊 智裕/11位 松井 知彦/14位 島崎 洋平 

<決勝>
決勝では松井がスタートすらできず終了。渡邊は前半トップを快走していたが途中、順位を4位まで落としてしまった。島崎はジワジワとポジションをアップ8位のポジションを確保し走行をした。最終ラップにトップの2台が接触順位が入れ代わり渡邊が2位でチェッカーを受けた。

コメント 渡邊 智裕
暑くて大変でした。次回にむけて合宿を張りたいと思います。

コメント 島崎 洋平
レースアクシデントなんてものはつきものですね。

コメント 松井 知彦
やってられないですね。今日は優勝するつもりでしたがエンジンが掛からないのであれば仕方ないかな。コーナーの食い付きがわるかったのもシャーシーにクラックが入っていたためと思われます。

写真集をみる

2011/5/14 (土) 新東京サーキット week end race 第3戦 race report 決勝レース結果

SSクラス 渡邊 智裕 6位 /松井 知彦 9位

<フリー走行>
フリー走行は皆、ますまずの感じであった。

<TT>
タイムが思った程延びてこない。もう少し頑張らなくては。

TT
 8 位 渡邊 智裕/ 17位 松井 知彦

<予選第1ヒート>
渡邊が一気に数台をパスしてトップグループに割り込んだ。

予選第1ヒート:3 位 渡邊 智裕/17位 松井 知彦 

<予選第2ヒート>
最後尾スタートの松井が数台をバスして順位を上げた

予選第2ヒート:5 位 渡邊 智裕/8位 松井 知彦 

<決勝>

コメント 渡邊 智裕
予選までは楽しかったのですが、決勝はバタバタとしましたね。

コメント 松井 知彦
なんか今日はのびのびとレースができましたね。これからもこうありたいもんですな。

写真集をみる

2011/4/9 (土) 新東京サーキット week end race 第1戦 race report 決勝レース結果

SSクラス 渡邊 智裕 10位 /島崎 洋平 18位

<フリー走行>
小雨降る中SSクラスとオープン100クラスの混走 島崎は先週、シェイクダウンした車両で参戦したがブッツケの雨レース。果たして・・・
しかし、この精神はやはりドライバーだ。

<TT>
渡邉がスタート直後にスピン。しかし自力でエンジンをかけ直し、復帰。みごと5位を獲得。
島崎はウェット路面に苦戦。走行後計量にて300g足りず失格となった。バイクのレースを数多く経験しているがkartの洗礼を受ける事になった。

TT
5 位 渡邊 智裕/島崎 洋平 失格

<予選第1ヒート>
フォーメーションラップにて渡邉のチェーンが外れ走行不能になった。また、島崎はグリップ感が得られず引き続き苦戦。昼食をはさみ午後の作戦を練ることにした。

予選第1ヒート:19 位 渡邊 智裕/17位 島崎 洋平 

<予選第2ヒート>
渡邉が最後尾スタートから追い上げを見せ6位まで挽回。島崎は、セット変更により好感触を得るも、スリップにより残念ながらストップ。

予選第2ヒート:7 位 渡邊 智裕/19位 島崎 洋平 

<決勝>
雨足が強くなりヘビーウェットの中スタート。島崎は、6コーナーにてスピン。渡邉は大きなミスなく走りきり無事ゴール。

コメント 渡邊 智裕
チェーンが外れやすかったのを、布川さんのアドバイスで調整し、無事決勝まで走りきれました。予選2の12台抜きは楽しかった。

コメント 島崎 洋平
セットを変えたら凄く走りやすくなった。でももうちょっと走りたかった。(全セッションスピンアウトで終了したため)

コメント 鬼丸 健
2人とも諦めずに、全セッションで結果を出すための努力をしていました。そんな2人をサポートできてよかったです。

写真集をみる

2011/2/6 (日) 新東京サーキット challeng cup 第1戦 race report 決勝レース結果

SSクラス #5 渡邊 智裕 /

<フリー走行>
渡邊がchallenge cup初参戦。先週に比べて過ごし易いとはいえまだ2月、底冷えの寒さが残る新東京サーキットのSS CLASSに16台がエントリー。
勢い良く飛び出した渡邊はまずまずのタイムであった。
そして、協賛企業に名を列ねているTKROOMは品物を送り忘れるという失態を演じているが当の本人は異国の地で全くこの状況を知らないと言う事を付け加えさせておこう。

<TT>
集団のペースはやはり早く、上位勢は40秒代半ばをマークするなか、渡邊も40秒代にいれて8番グリッドを獲得。やはりこのクラスのドライバーは速い。

TT
8 位 渡邊 智裕

<予選第1ヒート>
抜きつ抜かれつの激しい展開となる。渡邊も自己ベストの40.7をマークして、上位をキープして決勝に向けて良いムードになってきた。

予選第1ヒート:7位 渡邊 智裕

<決勝>
なかなか隊列が整わずスタートが2回やり直し。3回目のスタートで、ポールのドライバーの出遅れによる混乱を上手く交わし、1コーナーで3番手、2コーナではトップにまで浮上する。しかし、他車との接触があった影響か、チェーンが外れて無念のストップ。 リタイヤ

コメント 渡邊 智裕
今回、チャレンジカップに初参戦してまいりました。 予選で自己ベストを更新し、個人的には有意義な一日になりましたが、決勝ではマシントラブルにより、1LAP目でリタイヤしてしまいました。 初めてのチャレンジカップということもあり、心細い思いでしたが、応援に来て頂いてとても心強かったです。お蔭様で、特に決勝は強気でスタートすることができました!最後は新東京サーキットでの単なるひなたぼっこシーンになってしまいましたが(笑)

コメント 柴田宗一
挑戦すると言う事は「心」の問題ですね。1日応援、しがいがありました。誰にとは言いませんがこういうチャレンジ精神は見習うべきではないでしょうか。

写真集をみる

2011年 2月5日(土) CITY KART 第7回 WINTER RACE race report

<ブロローグ>
毎年恒例となった「WINTER RACE」を「CITYKART」で開催。大会主旨が大きく変わってしまったのと「松井主催のイベントはマンネリ過ぎる」との声が多く寄せられたので今回は鬼丸主催でやらせていただくことになりました。

<タイムアタック>
毎年の事ですが、天気は良いが極寒という、罰ゲームのようなイベントです。
全員が「寒い!」しか言えない状態で早速フリー走行から始まりました。 ここで少し体を動かしてウォーミングアップです。 一度走ると皆さんの体も温まり、耐久レースに向けて心の準備も整います。 初めての方もこの時間でカートの操作やコースをチェックできたようです。
このフリー走行にて計測したタイム順で、 決勝のスターティンググリッドが決まりました。
PP:4号車 助川チーム
2位:7号車 杉本・加藤チーム
3位:6号車 広森@チーム
4位:1号車 石垣チーム
5位:3号車 広森Aチーム

<耐久レース>
準備をして、サーキットの方から諸注意の説明を頂いたら、 いよいよ85分耐久レースのスタートです!
スタートは特に混乱無く、全車が順調に1コーナーに飛び込んでいきました。 トップのチームが早くも独走状態になり始めていましたので、 「空気読んで!」のピットサインを送ります。
とにかく、耐久レースは最後まで分かりません。 しばらくすると、ドライバー交代のマシンが続々とピットロードに入ってきます。 どんどん戦況は変わっていきます。
朝のフリー走行に比べて、体も温まり、路面も暖まり、タイムはどんどん上がっているようです。 (今確認したら昨日までのサーキットのコースレコードを更新した人がいたようです。) 「分かってきた!」とか「行けるようになってきた!」という声が聞こえました。 同時に「握力がツライ!」という声も聞こえました・・・ 耐久レースは自分が走っていないときも面白いですね。 ライバルチームのカートとのバトルがあったり、スピンしたり、 チーム内でも、自分よりチームメイトのタイムが速いとか遅いとか、 ずっとドキドキです。
皆さん勢いがついてきて、流れるリヤをコントロールしながら走っています。 終盤トップと2位の差が詰まってきたり、 バトルもあちこちで見受けられ面白いレースでした。
こうして、85分のレースが終わり、優勝はPPからスタートした4号車チームでした! おめでとうございますパチパチ!
PP:4号車 助川チーム
2位:7号車 杉本・加藤チーム
3位:1号車 石垣チーム
4位:6号車 広森1チーム
5位:3号車 広森2チーム

コメント 大岩政裕
毎回、こんな寒い時にしか開催しなくて、全く学習能力がゼロだな。流石に今回は一言、主催者に文句をつけてやろうかと思ったが、いねぇじゃねぇか。しかし、おかげで楽しい一日が送れたよ。

コメント 助川 健
寒かったが今日は清々しい一日だった。それはあいつがいなかったからに他ならない。去年に比べて進行も良く感じられたし、例年になく素晴らしいイベントだったのではないだろうか。
どこに行ったか全く興味が無いが会わない時間が増える、こんな幸せな事はないな。

コメント 鬼丸 健
参加いただいた皆さんから「楽しかった!」「面白かった!」 と言っていただけて、すごく嬉しかったです。 応援の人も含め、総勢約30人もの方が集まって下さいました。 つたない進行でしたが、皆さんのご協力のおかげで無事にイベントを終えることができました。 本当にどうもありがとうございました! また一緒に遊べる機会がありましたら、どうぞよろしくお願いします!

写真集をみる