和紙、手漉き和紙、手すき和紙の通信販売。アート和紙、インテリア和紙、和紙の照明、和紙の雑貨などフェアトレード商品を通販




和紙、手漉き和紙、手すき和紙の通信販売|Tane ホーム > 手漉きの魅力


手漉きの魅力


デザイン案

手漉き紙を使ったデザインを提案します。
店舗・オフィス・住居・ニーズに合わせてお客様の要望にお答えします。




手漉き紙を使いランプシェードをつくります。
中からの明かりでやさしい光を演出します。

原料:楮、サラゴ(2種類)、サババナナ 静かな湖に広がる波紋のような爽やかなイメージのデザイン

壁掛け行灯
優しい和紙と自然素材の文様が醸し出す柔らかく、心やすらぐ光の行灯です。

シックな色合いに直線とランダムな落水のアクセントが絶妙な立体感を醸し出しています。

明るい太陽のもと、きらきらと輝く美しい葉たちの競演です。

*

手漉き紙原料

日本での一般的な原料は、三大原料と呼ばれる「楮」「三椏」「雁皮」が有名

楮(こうぞ)

楮は、クワ科の落葉低木で、毎年株から生える枝を切り取 り、皮を剥いで原料とします。栽培しやすく、繊維も太く て強く、麻についで長く、約10mm、幅0.27mmあります。強 度を要求する和紙の中心的な原料で、栃木(那須楮)、高 知(土佐楮)が主な産地ですが、最近各地でも栽培が増えています。
三椏(みつまた)

三椏はジンチョウゲ科の落葉低木で、繊維の長さは約4mm 〜5mmで、幅は0.02mmです。光沢があり、できた紙は、緻密で平滑、印刷適性に富んでいます。枝が3つに分岐する のが特徴で、三段、三又と書いてあるものもあります。紙の原料として使われたのは、雁皮、楮より新しく、江戸時 代からといわれ、楮に混入して使われていました。主に紙幣用紙、金糸銀糸用、版画、書道用に使われています。
雁皮(がんぴ)
雁皮はジンチョウゲ科の落葉低木で、成木は2メートル余 りにもなります。繊維は細く短くて、光沢がある優れた原料ですが、成育が遅く栽培が難しいので、自生している雁 皮を生剥ぎにして捕獲します。生剥ぎにするため収穫時期は、水揚げの良い春から夏にかけて収穫されます。徳島で 言う北地山(讃岐山脈)で多く収穫できます。雁皮は謄写版原紙用紙の原料として大量に使用されていましたが、複 写機が普及して以来急激にその使用量が減少しました。現在は金箔銀箔を打ちのばす箔打ち紙、襖の下貼り用の間似 合紙などに使用されています。

*

手漉き紙様式

現在一般的な紙漉き様式は3種類

日本式(流し漉き)

「流し漉き」の場合、強くゆすり、繊維をかみあわせ、かみあわない紙料はいったん漉き船(プール)にもどし、操作を数回繰り返す。その際「粘剤」として「ネリ」を使う。これは「流し漉き」には欠かせないものであり、繊維の分散をよくするとか、水が切れるまでの時間を稼げる、という複数のメリットがあります。トロロアオイ、ノリウツギなどが代表的な粘剤です。

ネパール・中国式(溜め漉き)

「溜め漉き」とは西洋式の手漉き紙の抄紙方法をこのように言います。流し漉きは4〜5回以上漉き舟のなかの原料をくみ込み、繊維を簀の上を前後に揺らし、繊維の絡みを作ります。反対に、溜め漉きは、基本的に1回の組み込みで紙にします。大きな違いは、流し漉きは、薄い紙ができます。溜め漉きは厚い紙を作るときに適した技法です。

西洋式(溜め漉き)
ネパール・中国式と同じく溜め漉きだが、桁が上下に分かれて板乾燥ができます。

*

製造過程

1.楮(こうぞ)作り
和紙の原料には三椏、雁皮などもあるが、黒谷の和紙は主に楮を使う。苗を作り、 その年の秋か翌春に本畑に移せば、次の秋には刈り取れる太さに育つ。紙になる のは原木の約5%に過ぎない。

2.楮切り
霜が降って葉が落ちると、まだ雪のこないうちに刈取る。

3.楮小切り
長い楮の木を一定の長さに揃え、枝を払って20キロぐラムくらいの束にする。

4.楮蒸し
皮を取りやすくするため、「こしき」と呼ぶ大きな桶に楮の束を一杯につめこみ、 大釜の上にかぶせて蒸気で蒸す。

5.楮へぎ
蒸した楮がまだ熱いうちに皮をとり、充分乾燥させて保存する。これを順次紙に していく。

6.楮もみ
乾いた黒皮を川に一日ほど浸し足でもんで皮を削りやすくする。昔は寒中でもみ な素足で川に入った。

7.楮そろい
小さな包丁で表皮と疵を取って白皮の上等な部分だけにする。あとは流れでゆす いで干し冬は雪や太陽にあてて晒す。

8.煮ごしらえ
煮るまえにもう一度、川に二昼夜ほど浸して晒すとともに柔らかくする。

9.楮煮
大釜の湯にソーダ灰を入れ楮の束をほぐしながら入れていく。3時間半くらい。

10.楮みだし
柔らかくなった楮を整流の中で水洗いする。

11.紙たたき
楮の繊維をたたいてほぐす。動力の臼で1時間くらい。

12.さなてぎ
糊料とする「とろろあおい」の根を水洗いし、平らな石の上で木槌でたたきつぶ して布袋でこす。

13.紙漉き
簀桁できれいにすくいあげ目をととのえる。

14.紙つけ
干板に一枚一枚ハケで張り付け、天日乾燥させる。

15.紙を選別し、枚数を数えてそろえる
*



商品ラインナップ
メモ帳 青 メモ帳 黄 メモ帳 緑 メモ帳 茶 しおり-1
メモ帳 青
683円
メモ帳 黄
683円
メモ帳 緑
683円
メモ帳 茶
683円
しおり-1
210円
小物入れ 小物入れ (茶) 小物入れ (こげ茶)
小物入れ
1,575円
小物入れ (茶)
1,575円
小物入れ (こげ茶)
1,575円
BL-1161 Pearl BL-1098 TK-original-001 TK-original-002 TK-original-003
BL-1161 Pearl
3,990円
BL-1098
3,465円
TK-original-001
2,625円
TK-original-002
2,625円
TK-original-003
2,625円
BL-1162 ランプシェード001
BL-1162
3,780円
ランプシェード001
31,500円
テーブルセンター ランチョン・ブックカバー
テーブルセンター
2,520円
ランチョン・ブックカバー
1,260円
ランチョン・ブックカバー
ランチョン・ブックカバー
1,890円

購入ガイド購入ガイド

*